トップページ 銀行系 低金利 消費者金融 おまとめ 即日融資 短期無利息
 

   

   

   

   

   



 
 


審査の仕組み

 
消費者金融からの債務がかさんで困っている・・・
返済が何本もあって、どこにいついくら返すのか管理だけでも大変・・・

借入の件数が増えれば増えるほど、新たな借入が難しくなります。そこで、5本ある借入を3本に、3本を1本に、なるべく「借金歴」をキレイにして、ほんとに困ったときに借入先がない、なんてことが無いよう、自分でできることをやってみましょう。

まず、複数の借り入れがある場合、新たに借り入れる際、審査にひっかかってしまう場合があります。
その場合、おまとめローンの審査の仕組みを押さえておきましょう。
申し込み後に申し込み先がとる手続きを時系列に確認してみます。


・ほかに借金があるかな?
まずは個人の信用情報を蓄積しているデータセンターに紹介をし、その人物の借入履歴を調べます。ほかに何件の借入があるのか、全部でいくら借りているか、また借入が3ヶ月以上延滞した実績が無いか、自己破産の履歴が無いかなどを確認します。


・この人、返せそう?
次は、申込書に記載の情報と、信用情報調査で判明した事実を元に、コンピューターが返済可能かどうかを判断します。年齢、勤務先情報、年収、勤続年数、持ち家かどうか、家族構成などを入力して自動で判断します。


・本当にその家に住んでいる?
コンピューター審査と信用情報の紹介の後に、本当に申込書に書かれた住所に住んでいるのか、確認のために家の電話に連絡が入ります。


・本当にその会社に勤めているの?
居住確認とともに、申請書記載の勤務先を確認するため、同じく会社に連絡が入ります。この際に、勤続何年かを確認される場合もあります。


これらの審査を経て、最終的には人的判断により貸付の可否、貸付金額や期間を決定します。


審査の仕組み
審査のポイントについて
おためし審査
審査基準の話
 

 
 
 
Copyright c 2010-i-cashing.net. All Rights Reserved.