トップページ 銀行系 低金利 消費者金融 おまとめ 即日融資 短期無利息
 

   

   

   

   

   



 
 


キャッシングの審査について

 
ある一定の審査基準を通過してからキャッシングが開始されます。


キャッシングの申し込みの際には、氏名・性別・生年月日(年齢)・住所・仕事・年収・金融他社利用状況などを記入、あるいは入力(ネットや無人契約機から)します。

この情報をもとに金融業者は個人信用情報機関に照会します。


個人信用情報機関は申込み者が多重債務にならないよう適正な審査を行うための判断材料を提供する中立的な機関です。


事故情報、いわゆるブラック情報に登録されていないかなどもここで確認されます。
例えば、過去にクレジットカードなどで3ヶ月間支払いを延滞していたりすると、事故情報として扱われ、ブラックリストに載せられてしまいます。


以降5年間保管されます。
自己破産や民事再生などは官報掲載情報として7年間記録が残ります。


個人情報機関に事故情報などが残っている場合、評価は厳しいものになります。
他の金融機関での借入件数に関しては、多いほど返済能力が低いとみなされ、審査は通りにくくなります。


過去の事故情報だけでなく、現在何社からの融資を受けているかも重要です例えば、トータルで見て同じ金額(仮に100万円とします)の融資を受けていたとしても、
1社から100万円を借りている状態と、
5社から20万円ずつ借りている状態とでは、


1社からのみの融資を受けている方が信頼性は高くなります。




審査時に重視される項目は、金融会社ごとに異なりますが、賢く便利なキャッシングをする際には、信頼性が重要だということがわかります。

 

 
キャッシングとは?
キャッシング準備・借り方
キャッシングの審査
金利(利息について)
金利(返済について)
金利と審査の関係
キャッシングとローン違い
キャッシングの長所と短所
多重債務にご注意
 
 
 
 
Copyright c 2010-i-cashing.net. All Rights Reserved.